コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクマホン・ライン McMahon line

世界大百科事典 第2版の解説

マクマホン・ライン【McMahon line】

1914年3月,シムラ会議開催中に,イギリスチベットが秘密裏に合意したイギリス領インド北東部とチベット間の境界線。イギリス側代表団首席のマクマホンHenry McMahonが線引きしたもので,東側はディプ峠から西はタワングをインド側に含め,ブータン国境に至るラインである。第2次大戦後,中華人民共和国はマクマホン・ラインをイギリス帝国主義の遺産として承認できないとの立場をとったが,1960年のビルマ(現ミャンマー)との国境協定では若干の修正をしただけで事実上マクマホン・ラインを国境として承認した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マクマホン・ラインの関連キーワードアルナーチャル・プラデーシュ[州]マクマホン・ラインロッパ(珞巴)族メンパ(門巴)族中印国境紛争

マクマホン・ラインの関連情報