コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクマホン・ライン McMahon line

1件 の用語解説(マクマホン・ラインの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マクマホン・ライン【McMahon line】

1914年3月,シムラ会議開催中に,イギリスチベットが秘密裏に合意したイギリス領インド北東部とチベット間の境界線。イギリス側代表団首席のマクマホンHenry McMahonが線引きしたもので,東側はディプ峠から西はタワングをインド側に含め,ブータン国境に至るラインである。第2次大戦後,中華人民共和国マクマホン・ラインイギリス帝国主義の遺産として承認できないとの立場をとったが,1960年のビルマ(現ミャンマー)との国境協定では若干の修正をしただけで事実上マクマホン・ラインを国境として承認した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マクマホン・ラインの関連キーワードシムラ会議所汎米会議石村近江(3代)西村菊渓西村治兵衛西村善五郎(9代)西村荘一郎西村隆次吉村伊助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone