マクミラン(読み)まくみらん(英語表記)Edwin Mattison McMillan

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクミラン(Edwin Mattison McMillan)
まくみらん
Edwin Mattison McMillan
(1907―1991)

アメリカの物理学者。カリフォルニア州生まれ。カリフォルニア工科大学、プリンストン大学に学び、1932年学位を取得。1934年カリフォルニア大学放射線研究所員となり、1946年同大学物理学教授、1958年には放射線研究所部長。早くからE・O・ローレンスに協力してサイクロトロン開発に従事、1936年人工放射性のC‐14、ついで1940年エーベルソンとともに原子番号93番の超ウラン元素ネプツニウムを発見した。第二次世界大戦中は軍事研究に携わったが、1945年シンクロトロンの原理を発見してその製作にあたった。また人工中間子の創製にも成功した。超ウラン元素の発見により、1951年シーボーグとともにノーベル化学賞を受賞した。[藤村 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクミランの関連情報