コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクリヌス Macrinus, Marcus Opellius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクリヌス
Macrinus, Marcus Opellius

[生]164頃.マウレタニア
[没]218.6. ビチュニア
ローマ皇帝 (在位 217~218) 。法律家から軍人に取立てられカラカラ帝のとき近衛長官となった。パルティアとの戦争中,将校をそそのかして帝を殺させ,3日後史上初めて元老院議員身分を経ないで帝位に推戴され,パルティアと和を結んだ。エラガパルスの台頭で部下に見捨てられ敗死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マクリヌス【Marcus Opellius Macrinus】

164‐218
ローマ皇帝。在位217‐218年。マウレタニア出身。カラカラ帝の下で親衛隊長官を務めたが,帝権への恐怖感が募り,217年カラカラ帝の暗殺を謀って帝位を簒奪した。彼は元老院議員身分になかった最初のローマ皇帝である。パルティア戦の終結や兵士給与の節約などにみられる慎重な政策にもかかわらず,兵士たちの反感を招き,エラガバルスを擁立する軍団に捕らえられて処刑された。【本村 凌二】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マクリヌスの関連キーワードユリア・ソアエミアス・バッシアナチリダテス2世[アルメニア]ローマ史(年表)セウェルス朝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクリヌスの関連情報