コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクリヌス マクリヌス Macrinus, Marcus Opellius

2件 の用語解説(マクリヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクリヌス
マクリヌス
Macrinus, Marcus Opellius

[生]164頃.マウレタニア
[没]218.6. ビチュニア
ローマ皇帝 (在位 217~218) 。法律家から軍人に取立てられカラカラ帝のとき近衛長官となった。パルティアとの戦争中,将校をそそのかして帝を殺させ,3日後史上初めて元老院議員身分を経ないで帝位に推戴され,パルティアと和を結んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マクリヌス【Marcus Opellius Macrinus】

164‐218
ローマ皇帝。在位217‐218年。マウレタニア出身。カラカラ帝の下で親衛隊長官を務めたが,帝権への恐怖感が募り,217年カラカラ帝の暗殺を謀って帝位を簒奪した。彼は元老院議員身分になかった最初のローマ皇帝である。パルティア戦の終結や兵士給与の節約などにみられる慎重な政策にもかかわらず,兵士たちの反感を招き,エラガバルスを擁立する軍団に捕らえられて処刑された。【本村 凌二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マクリヌスの関連キーワードカラカラジギスムントテオドシウスネルワLeopold II(神聖ローマ皇帝)Leopold I(神聖ローマ皇帝)フェデリコ[2世](神聖ローマ皇帝)レオポルト[1世](神聖ローマ皇帝)レオポルド[2世](神聖ローマ皇帝)ローマ皇帝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone