コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクリヤニス Ioánnes Makriyánnes

世界大百科事典 第2版の解説

マクリヤニス【Ioánnes Makriyánnes】

1797‐1864
ギリシアの将軍。中部ギリシアのアルマトリ(自衛傭兵隊)の子として生まれる。ギリシア解放戦争ではエジプトのイブラーヒーム・パシャの大軍と戦い,ついでキュタヒヤ・パシャのアクロポリス包囲を破り,ペロポネソス行政官に任命された(1828)。1851年国王オソン1世に対する陰謀のかどで死刑を宣告されるが翌年恩赦。彼の《回想録》はギリシア民衆の生活を生き生きと,かつ客観的に語っている。【真下 とも子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マクリヤニスの関連キーワードティーク元治エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)蔀関月アーガー・ムハンマドウルストンクラフトレオーベンの仮条約ウルストンクラフトケルキラ島

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android