コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクリヤニス Ioánnes Makriyánnes

世界大百科事典 第2版の解説

マクリヤニス【Ioánnes Makriyánnes】

1797‐1864
ギリシアの将軍。中部ギリシアのアルマトリ(自衛傭兵隊)の子として生まれる。ギリシア解放戦争ではエジプトのイブラーヒーム・パシャの大軍と戦い,ついでキュタヒヤ・パシャのアクロポリス包囲を破り,ペロポネソス行政官に任命された(1828)。1851年国王オソン1世に対する陰謀のかどで死刑を宣告されるが翌年恩赦。彼の《回想録》はギリシア民衆の生活を生き生きと,かつ客観的に語っている。【真下 とも子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マクリヤニスの関連キーワードティーク元治エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)蔀関月アーガー・ムハンマドウルストンクラフトレオーベンの仮条約ウルストンクラフトケルキラ島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android