コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクロウケニア Macrauchenia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクロウケニア
Macrauchenia

絶滅した哺乳類の滑距目マクロウケニア科の代表属。ミズラクダともいう。体長約 3m。滑距目は南アメリカにおいて髁節目から発し,奇蹄類のような位置を占めて発展したもので,マクロウケニア科には古第三紀漸新世,新第三紀中新世に出た属もある。この属は第四紀更新世に生きていた絶滅属で,頸が長く,ラマ様の体形をし,吻部が長い。鼻孔頭頂にあって,しかも大きいところから,水中を歩き回った湿地の獣とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android