コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクロ環境とミクロ環境 まくろかんきょうとみくろかんきょう

1件 の用語解説(マクロ環境とミクロ環境の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

マクロ環境とミクロ環境

ミクロ環境は企業の周辺の環境で、マクロ環境はミクロ環境の外側にある環境とされている。その境界は必ずしも明確ではないが、経営環境分析を行うときなどは、便宜的にミクロ環境を業界内の環境、マクロ環境は業界外の環境と位置づけて進める。マクロ環境には、自然環境社会環境、文化、人口動態、政治、経済、産業構造、金融、労働市場先端技術などが含まれる。これらは企業が直接コントロールすることが不可能で、企業が一方的に機会や脅威にさらされる。一方ミクロ環境には、需要状況、顧客動向、競合動向、製品関連技術、原材料市場と供給業者の動向、協力業者、株主、その他の利害関係者の動向も含まれる。こちらは、企業経営に直接的に影響を与える要因となるが、自社が働きかけてその環境に影響を及ぼしてくことも可能とされている。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクロ環境とミクロ環境の関連キーワードSWOT分析内部環境ミクロミクロネシア人マクロ分析ミクロゾームマクロ派外部環境環境分析マクロ環境分析

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone