コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグナ・グラエキア Magna Graecia

世界大百科事典 第2版の解説

マグナ・グラエキア【Magna Graecia】

ラテン語で南イタリアの古代ギリシア植民市全体を指す名称で,〈大ギリシア〉の意。キュメ(クマエ)が最古で,ヘラクレイアが最後に建設(前432)された都市。肥沃な土地と周辺異民族やギリシア本土との通商で繁栄するが,都市間の対立もあって政治的に不安定であった。さらに異民族やシチリア僭主との抗争,マラリアなどから前400年ころより衰退し始め,ローマの保護を求める都市が出てきた。ピュロス戦争,ポエニ戦争でその崩壊は決定的となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマグナ・グラエキアの言及

【イタリア】より

…牛vitulusをトーテムとする部族の名に由来するという説があるが,さだかではない。南イタリアに植民地マグナ・グラエキアを築いたギリシア人がこの名を最初に用いたといわれる。本来はイタリア半島南部のごく一部をさす名称であったが,しだいにその範囲が拡大した。…

※「マグナ・グラエキア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マグナ・グラエキアの関連キーワードレッジョディカラブリアタレントゥムイタリア文学ローマ美術イタリア史シチリア島タラントラテン語

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android