コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグナ・グラエキア Magna Graecia

1件 の用語解説(マグナ・グラエキアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マグナ・グラエキア【Magna Graecia】

ラテン語で南イタリアの古代ギリシア植民市全体を指す名称で,〈大ギリシア〉の意。キュメ(クマエ)が最古で,ヘラクレイアが最後に建設(前432)された都市。肥沃な土地と周辺異民族やギリシア本土との通商で繁栄するが,都市間の対立もあって政治的に不安定であった。さらに異民族やシチリアの僭主との抗争,マラリアなどから前400年ころより衰退し始め,ローマの保護を求める都市が出てきた。ピュロス戦争,ポエニ戦争でその崩壊は決定的となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のマグナ・グラエキアの言及

【イタリア】より

…牛vitulusをトーテムとする部族の名に由来するという説があるが,さだかではない。南イタリアに植民地マグナ・グラエキアを築いたギリシア人がこの名を最初に用いたといわれる。本来はイタリア半島南部のごく一部をさす名称であったが,しだいにその範囲が拡大した。…

※「マグナ・グラエキア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マグナ・グラエキアの関連キーワードアテネオデッサベリアヘルクラネウムヘロドトスベンガジラテン文学エレア学派セリヌンテイタリアン・コルソ・ドッグ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone