マグネシア(読み)まぐねしあ(英語表記)Magnesia

翻訳|magnesia

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マグネシア(ギリシア)
まぐねしあ
Magnesia

ギリシア北部の一地域。古代にはテムプ谷とパガサイ(パガシティコス)湾との間のテッサリア東部をさした。これはほぼ現在のマグネシア県とラリサ県に相当する。マグネシア県は面積2636平方キロメートル、人口21万0400(2003推計)。なおアナトリア(小アジア)には同名の古代ギリシア都市が二つ存在する。イオニア海沿岸内陸部、メンデレス川支流に位置するマグネシア・アド・ミーアンドルムMagnesia ad Maeandrumと、古代リディア王国の都市のマグネシア・アド・シピルムMagnesia ad Sipylumで、後者は現在のトルコのマニサ[真下とも子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android