コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグマ性回転物 マグマせいかいてんぶつmagmatic rolls

岩石学辞典の解説

マグマ性回転物

紡錘形の短棒状で,時に螺旋状の内部断面を示すものが,珪長岩岩床の松脂岩質の周縁部分に発達することがある.これは相対的に低い粘性のマグマ層の中で乱流によって発達してできた回転形成物と考えられている[Tomkeieff : 1946].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

マグマ性回転物の関連キーワード紡錘形

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android