コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マコモタケ

1件 の用語解説(マコモタケの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マコモタケ

イネ科の植物で、日本、中国、東南アジアに分布する「マコモ」の茎の一部。根元の太い部分(長さ約30センチ)が食用になり、中華料理などで使われる。水を張った田んぼで栽培する。手間がかからないため耕作放棄地対策の作物として注目されている。県内では和歌山市、海南市、紀の川市、田辺市、高野町などでそれぞれ数軒の農家が栽培している。栽培規模がまだ小さく、生産量の統計はないという。

(2012-12-24 朝日新聞 朝刊 和歌山3 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マコモタケの関連キーワード東南アジア東南アジア条約機構南海貿易禾本科高麗芝アジア風邪アジアダラーアジアンポップスネグリート東南アジアと反共

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マコモタケの関連情報