コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マザーボードのサイズ まざーぼーどのさいず

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マザーボードのサイズ

従来、マザーボードのサイズには2種類の標準があった。1つはIBM PC/XTで採用されたマザーボードで、ベビーATサイズと呼ばれる。大きさは幅22cm、奥行き30.5cmである。もう1つはIBM PC/ATのマザーボードで、フルサイズと呼ばれる。こちらの大きさは幅30.5cm、奥行き35cmぐらいだ。ベビーATサイズとフルサイズでは、ネジ穴や拡張スロット、キーボードコネクターの位置はほぼ同じである。ただ、ほとんどの場合フルサイズのマザーボードはミニタワーのケースには入らないので注意が必要だ。これら2つの標準に加えて、最近、ベビーATサイズの奥行きだけを短くしたマザーボードをよく見かけるようになってきた。これはVL-Busのコネクターがぎりぎり収まる大きさで、ほぼA4と同じサイズである。決まった呼称はないようで、ものによってサイズも微妙に違う。なお、大手メーカのPCは、ケースの小型化などで差別化を図っていることがあり、マザーボードの外形やねじ穴の位置などが標準とは違っている場合がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android