コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マザー・テレサ(1910〜97)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マザー・テレサ(1910〜97)

本名アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ。マケドニア(旧ユーゴスラビア)に生まれ、29年に渡印。コルカタで教師をした後、48年に貧困者救済の活動を開始。老人や孤児障害者、ハンセン病患者などの慈善施設を開き、79年にノーベル平和賞を受けた。50年に設立した「神の愛の宣教者会」は今、134カ国・地域に757の施設を持ち、4800人の修道女が働く。

(2007-09-08 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

マザー・テレサ(1910〜97)の関連キーワードマーク(Mary Ellen Mark)奈美木岟里(草部文子)国際チャリティー・デーテレサ[カルカッタの]テレサ(カルカッタの)サブリエ テンバーケンオリビア ハッセーマグサイサイ賞テレサ・テンさくらかおり8月27日鎌田あかり人道援助人道支援南彩乃テレサ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android