コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マシーラ[島] al‐Maṣīra

世界大百科事典 第2版の解説

マシーラ[島]【al‐Maṣīra】

アラビア半島南東部,オマーンのマシーラ湾に接したアラビア海上の細長い小島。若干のジャナバ族の漁民が住む。イギリスが空軍および通信基地を置いていたが,1977年3月これを放棄,引き続きアメリカが使用し,80年6月アメリカとオマーンの間で軍事基地施設利用協定が調印された。しかし米軍が戦略要衝とみなすホルムズ海峡から600km以上離れ,季節風のため年間の3分の1は空,海からの接近が困難という欠点をもつ。【浅井 信雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android