コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マシーラ[島] al‐Maṣīra

世界大百科事典 第2版の解説

マシーラ[島]【al‐Maṣīra】

アラビア半島南東部,オマーンのマシーラ湾に接したアラビア海上の細長い小島。若干のジャナバ族の漁民が住む。イギリスが空軍および通信基地を置いていたが,1977年3月これを放棄,引き続きアメリカが使用し,80年6月アメリカとオマーンの間で軍事基地施設利用協定が調印された。しかし米軍が戦略要衝とみなすホルムズ海峡から600km以上離れ,季節風のため年間の3分の1は空,海からの接近が困難という欠点をもつ。【浅井 信雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android