コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスターズ・ジョンソン報告 マスターズ・ジョンソンほうこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスターズ・ジョンソン報告
マスターズ・ジョンソンほうこく

1966年,アメリカの W.H.マスターズ博士と B.E.ジョンソン女史が行なった研究報告。多くの男女の自慰や 100組以上のカップルの性交を,同意を得て実験室で直接観察することにより,『人間の性反応』として発表した。人間の性行動の生理的ならびに心理的反応を科学的に立証した最初の性科学といわれ,以後,多くの研究者が性行動について,研究を始めることになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マスターズ・ジョンソン報告の関連キーワードクリトリス原点説Gスポット

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android