コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マストロヤンニ Mastroianni,Marcello

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マストロヤンニ
Mastroianni,Marcello

[生]1924.9.28. フォンタナリリ
[没]1996.12.19. パリ
イタリアの映画俳優。家具職人の子として生れ,当初建築を学ぶが第2次世界大戦に従軍。戦後演劇に関心をいだき,ローマ大学付属の劇団に参加。やがて L.ビスコンチ監督に見出され 1947年『レ・ミゼラブル』で映画界にデビュー。 60年 F.フェリーニ監督の『甘い生活』で作家くずれのトップ屋を演じ,一躍ヨーロッパ映画界のスターとなる。以後,V.デ・シーカ監督,S.ローレン共演の『昨日・今日・明日』 (64) ,『あゝ結婚』 (64) ,『ひまわり』 (70) などのヒットでその地位を不動のものとした。軽妙な役からシリアスな役までこなす幅広い演技で,M.アントニオーニ監督の『』 (61) ,ビスコンチ監督の『異邦人』 (67) などイタリアを代表する映画に出演。特にフェリーニ監督の作品には不可欠で『81 /2』 (63) ,『女の都』 (80) ,『ジンジャーとフレッド』 (85) ,『インテルビスタ』 (87) など多くの作品に出演した。 N.ミハルコフ監督の『黒い瞳』 (87) でカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マストロヤンニ

俳優。イタリア,ナポリ近郊のフォンタナ・リーリ生れ。セミ・プロ劇団で活動中L.ビスコンティに見い出され,ビスコンティやM.アントニオーニ,F.フェリーニの作品に欠かせない俳優となる。
→関連項目ローレン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マストロヤンニ
ますとろやんに
Marcello Mastroianni
(1923―1996)

イタリアの俳優。ナポリに近いフォンタナ・リーリに生まれる。アマチュア劇団で修業を積み、演出家ビスコンティに認められて舞台に立った。映画への本格的出演は1949年以降だが、フェリーニ監督の『甘い生活』(1960)の国際的成功でイタリアを代表するスターとなる。ソフィア・ローレンとのコンビによる『昨日・今日・明日』『あゝ結婚』(ともに1964)、『ひまわり』(1970)、『特別な一日』(1977)をはじめ、ビスコンティ監督の『異邦人』(1967)、フェリーニの『8・1/2』(1963)、『女の都』(1981)、スコーラ監督の『スプレンドール』(1989)など、喜劇からメロドラマやシリアスドラマまで幅広い役柄をこなした。1987年『黒い瞳』でカンヌ映画祭男優賞受賞。1993年(平成5)来日。[畑 暉男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マストロヤンニの関連キーワードチャップリンからの贈りものナスターシャ キンスキーこうのとり、たちずさんでヴェネツィア国際映画祭イタリア式離婚狂想曲ヴェネチア国際映画祭カトリーヌ ドヌーヴソフィア ローレンアニタ・エクバーグベネチア国際映画祭アウトブレイクアンゲロプロスソニア ブラガLEVEL4ペルセポリスゼロ時間の謎9月28日世界文化賞二階堂ふみ8 1/2

マストロヤンニの関連情報