コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスノスケ(鱒之介) マスノスケ chinook salmon

翻訳|chinook salmon

1件 の用語解説(マスノスケ(鱒之介)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マスノスケ【マスノスケ(鱒之介) chinook salmon】

サケ目サケ科の魚。キングサーモンともいう。サケ属中でもっとも大型になる。アジア側では日本海以北からオホーツク海へ,アメリカ大陸側ではアラスカから南カリフォルニアまで,北太平洋一帯に広く分布する。日本近海に来遊するものは少なく,北海道天塩川など一部の河川にのみまれに遡上(そじよう)する。体色は銀白色で,体の背部,背びれ尾びれに黒点が散在する。産卵期は,北太平洋沿岸ではふつう2~3月に河川へ遡上し,河口からはるか上流に至り,8~10月のころ産卵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マスノスケ(鱒之介)の関連キーワードサケベニザケ鮭色サーモンピンクキングサーモンサーモン裂け目鱒之介ギンザケ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone