コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスノスケ(鱒之介) マスノスケchinook salmon

翻訳|chinook salmon

1件 の用語解説(マスノスケ(鱒之介)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マスノスケ【マスノスケ(鱒之介) chinook salmon】

サケ目サケ科の魚。キングサーモンともいう。サケ属中でもっとも大型になる。アジア側では日本海以北からオホーツク海へ,アメリカ大陸側ではアラスカから南カリフォルニアまで,北太平洋一帯に広く分布する。日本近海に来遊するものは少なく,北海道天塩川など一部の河川にのみまれに遡上(そじよう)する。体色は銀白色で,体の背部,背びれ尾びれに黒点が散在する。産卵期は,北太平洋沿岸ではふつう2~3月に河川へ遡上し,河口からはるか上流に至り,8~10月のころ産卵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone