コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マス・マーチャンダイジング mass merchandising

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マス・マーチャンダイジング
mass merchandising

商品計画 (→製品計画 ) を推し進め,低マージン,高回転による大量仕入,大量販売を軸として,しかもそのようなメリットだけの追求からさらに前進して生産段階との垂直的な統合までを目指し,一層大量の製品を取扱おうとするものをいう。ただしそれは必ずしもみずから生産設備を保有することを意味するものではなく,販売力を前提に独自の企画商品を大量に発注して生産するというはっきりした計画性をもって,コストダウンと利益の獲得を行おうとするものである。日本における形態としてはチェーン方式をとりながら,スーパーマーケット百貨店ディスカウント・ハウスの各要素を結合したスーパー・チェーンと呼ばれるものが,このマス・マーチャンダイジングの推進の主役となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マス・マーチャンダイジングの関連キーワードすき家

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android