コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マゼール Lorin Maazel

3件 の用語解説(マゼールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マゼール【Lorin Maazel】

1930‐
アメリカの指揮者。パリ郊外に生まれ,アメリカのピッツバーグで教育を受ける。少年時代から一流楽団を指揮,〈神童〉といわれた。1951年イタリアに留学。60年30歳の若さでバイロイト音楽祭に登場し,《ローエングリン》を指揮して注目された。65年ベルリンドイツオペラ音楽監督に就任,ベルリン放送交響楽団の首席指揮者を兼務。72年からはクリーブランド管弦楽団の音楽監督。さらに82年ウィーン国立歌劇場の総監督に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

マゼール(Lorin Maazel)

[1930~2014]米国の指揮者。フランスの生まれ。幼少時よりバイオリンと指揮を学び、1960年に史上最年少の指揮者としてバイロイト音楽祭に登場。ベルリン‐ドイツ‐オペラやウィーン国立歌劇場の音楽監督などを務め、世界的な名声を得た。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マゼール
まぜーる
Lorin Maazel
(1930―2014)

アメリカの指揮者。パリ近郊ヌイイ生まれ。ピッツバーグで育ち、1945年バイオリン奏者としてデビューピッツバーグ交響楽団の副指揮者を経てイタリアに留学、頭角を現して1960年、30歳でバイロイト音楽祭に登場した。以来、ベルリン放送交響楽団、ベルリン・ドイツ・オペラ、クリーブランド管弦楽団、ウィーン国立歌劇場などの音楽監督を歴任、カラヤンに続く世代の指導的な指揮者の一人という評価を得るに至った。1976~1990年フランス国立管弦楽団首席客演指揮者、ついで音楽監督、1988~1996年ピッツバーグ交響楽団音楽監督、1993~2002年バイエルン放送交響楽団首席指揮者、2002年からニューヨークフィルハーモニー交響楽団音楽監督。1963年(昭和38)ベルリン・ドイツ・オペラに同行して初来日。ダイナミックな演奏で知られたが、年とともに柔軟さを加え、叙情性を重視する傾向を強めた。ロマン派近代音楽を主たるレパートリーにしていた。[岩井宏之]
『吉田秀和著『吉田秀和全集13 音楽家のこと』新装復刊版(2001・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マゼールの関連キーワードアメリカの声ライナーローゼンストックアメリカ杉アメリカンアメリカの空アメリカの友人カディッシュパリのアメリカ人不安の時代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マゼールの関連情報