マソリーノ・ダ・パニカーレ(英語表記)Masolino da Panicale

世界大百科事典 第2版の解説

マソリーノ・ダ・パニカーレ【Masolino da Panicale】

1383‐1447
イタリアの画家。本名トンマゾ・ディ・クリストフォロ・フィニTommaso di Cristoforo Fini。トスカナ地方のパニカーレに生まれ,1423年に40歳という当時としては異常に遅い年齢でフィレンツェの画家組合に登録される。作品には《聖母子》(1423。ブレーメンクンストハレ),ブランカッチ礼拝堂壁画(フィレンツェ,サンタ・マリア・デル・カルミネ教会。マサッチョとの共作),サンタ・カテリナ礼拝堂壁画(ローマ,サン・クレメンテ教会),カスティリオーネ・オローナの洗礼堂およびコレジアータ教会壁画などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android