コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダラサソリ(斑蠍) マダラサソリIsometrus europaeus

1件 の用語解説(マダラサソリ(斑蠍)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マダラサソリ【マダラサソリ(斑蠍) Isometrus europaeus】

蛛形(ちゆけい)綱キョクトウサソリ科の節足動物イラスト)。日本に定着している数少ないサソリの一種。中型で全長5~7cmで尾部が長い。背面は粘土黄色で名のように複雑な暗褐色のまだらがある。世界の熱帯,亜熱帯に広く分布しているが,日本では宮古列島八重山列島小笠原諸島だけにすむ。船荷にまぎれて本州の港に上陸することもあるが定着しない。毒性は弱く,人が刺されても死ぬことはない。【青木 淳一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone