コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダラサソリ(斑蠍) マダラサソリ Isometrus europaeus

1件 の用語解説(マダラサソリ(斑蠍)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マダラサソリ【マダラサソリ(斑蠍) Isometrus europaeus】

蛛形(ちゆけい)綱キョクトウサソリ科の節足動物イラスト)。日本に定着している数少ないサソリの一種。中型で全長5~7cmで尾部が長い。背面は粘土黄色で名のように複雑な暗褐色のまだらがある。世界の熱帯,亜熱帯に広く分布しているが,日本では宮古列島八重山列島小笠原諸島だけにすむ。船荷にまぎれて本州の港に上陸することもあるが定着しない。毒性は弱く,人が刺されても死ぬことはない。【青木 淳一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マダラサソリ(斑蠍)の関連キーワード後唐蟹虫蠍擬座頭虫蛛形類統計局極東細菌テロを爆砕せよ村東旭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone