コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダリアーガ マダリアーガMadariaga, Salvador de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マダリアーガ
Madariaga, Salvador de

[生]1886.7.23. コルーニャ
[没]1978.12.14. スイス,ロカルノ
スペインの作家,外交官。国際連盟代表や駐米大使を歴任,内乱後は亡命して,スペイン文化の特質を論じた著作を多数執筆した。主著は『スペイン』 Spain (1930) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マダリアーガ
まだりあーが
Salvador de Madariaga
(1886―1978)

スペインの小説家、批評家。パリ理工科大学に学び、鉄道技師として働いたあとロンドンに渡り、『ザ・タイムズ』の寄稿者となる。1921年からは国際連盟事務局に移り、軍縮委員会(現軍縮会議)議長などを務める。ついで28年にはオックスフォード大学教授、スペイン第二共和制時代(1931~36)には駐米大使、駐仏大使を歴任。フランコ政権樹立後はイギリスに亡命して著述に専念。76年、40年ぶりに帰国。『盲人のロマンセ』(1922)などの詩作品や『神の敵』(1936)などの小説もあるが、コロンブスやボリーバルらの伝記、『スペイン』(1931)などの文明批評に健筆を振るった。[佐々木孝]
『上原和夫訳『薔薇と十字架』(1956・みすず書房) ▽佐々木孝訳『情熱の構造――イギリス人、フランス人、スペイン人』(1985・れんが書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マダリアーガの関連キーワードスペイン文学マダリアガ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android