コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダン劇 マダンげき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マダン劇
マダンげき

韓国現代演劇の上演形態の一つ。マダン (広場) で展開される演劇の意味。第2次世界大戦後,伝統的な仮面劇の継承が民衆文化運動として取上げられたことから発展し,1970年代に盛んとなった。以後,タルチュム (仮面戯) の研究会が各大学に設けられ,さらに民主化のための演劇運動へと発展。マダン劇としての創作劇も生れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マダン劇の関連キーワード朝鮮演劇

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マダン劇の関連情報