マッカーシー(読み)まっかーしー(英語表記)Paul McCarthy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マッカーシー(Paul McCarthy)
まっかーしー
Paul McCarthy
(1945― )

アメリカの美術家。ユタ州ソルト・レーク・シティに生まれる。サンフランシスコ・アート・インスティテュートで絵画を学び、南カリフォルニア大学で映画を学ぶ。1960年代より顔で床などに絵を描く「フェイス・ペインティング」を制作。また、テレビ、映画のセット、食べ物、小道具を用いてセックスや排泄、暴力といったテーマで過激なパフォーマンスを行っている。さらにそれらの行為を録画した多くのビデオ作品やビデオ・インスタレーションを制作している。
 マッカーシーは、その挑発的で嫌悪感を抱かせる表現のため90年代になるまでは居住地であるロサンゼルスで個展をする程度だった。しかし、その後シドニー・ビエンナーレ(2000)やボルドー現代美術館でのグループ展(2000、フランス)に参加、ロサンゼルス現代美術館(2000)、ニュー・ミュージアム(2001、ニューヨーク)などで個展を開催し、世界中から注目を集めるようになった。とくに、98年にゼツェッション美術館(ウィーン)で開催したマイク・ケリーとのコラボレーション展「ソド・アンド・ソディー・ソック」は、非常に評判になった。
 マッカーシーは、同じくカリフォルニアで活動しているケリーと、この二人展を開催する以前から数多くのコラボレーションを行っている。97年(平成9)に小山登美夫ギャラリー(東京)の個展のために来日したときにも、『サッド・サック』(1997、P-House、東京)というタイトルで2人のパフォーマンスを行っている。このタイトルは、アメリカの兵士をキャラクターにしたコミックからつけたもの。マッカーシーは、着ぐるみやかぶりものを装着して、アルプスの少女ハイジやピノキオ、サンタクロースなど誰でも知っているキャラクターを主題にしてパフォーマンスを行うことが多い。それらは、観客をパフォーマンスに導入するための道具として使われるが、一方で彼の残虐ともいえるパフォーマンスに対する観客の脅威を増幅させるための効果的な装置になっている。そして、観客は最終的には眼前で繰り広げられるセックスや排泄行為、そして流血を模した混乱した状況に、滑稽さすら感じる超越的な意識にいたるのである。
 またマッカーシーはハリウッド映画に興味をもっていて、それが映像作品をつくるモチベーションになっている。映画のセットのような、完全に虚構の世界で役者や人形を使ってパフォーマンスを行い、密室で撮影をする。さらに、そのパフォーマンスで使用した、泥まみれのぬいぐるみ、こげた人形、ケチャップの空き瓶など、残骸の散らばる撮影現場を作品として展示して、シチュエーション・アート(その場の状況も素材として用いて、寓話的な展開をみせる作品)として成立させる。こうした彼の一連の行為は、従来のアートに対する嫌悪の表現であると同時に、一般社会の固定概念を打ち壊そうとする自我の発露である。マッカーシーは、シチュエーション・アートという、視覚だけではなく時間感覚や潜在意識に訴える表現を行うことで、社会通念として観客が思い描くファンタジーや美意識を破壊し、予想外の展開を導くことが可能となると考えているのである。[嘉藤笑子]
『「ポール・マッカーシー・インタビュー ファンタジーと狂気のはざまで」(『美術手帖』1994年7月号・美術出版社) ▽「ポール・マッカーシー・インタビュー :聞き手・村上隆」(『美術手帖』1997年2月号・美術出版社) ▽Dan Cameron Paul MaCarthy(2000, Hatje Cantz Publishers, Ostfildern) ▽Sod&Sodie Sock; Mike Kelley/Paul McCarthy(catalog, 1998, Secession, Wien)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マッカーシーの関連情報