コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マックス・ハフェラール マックス・ハフェラール Max Havelaar

1件 の用語解説(マックス・ハフェラールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マックス・ハフェラール
マックス・ハフェラール
Max Havelaar

1860年にオランダで出版された植民地事情の暴露小説。著者のムルタトゥリインドネシアの官吏で,当時実施されていた強制栽培制度の弊害を小説によって明らかにし,世人の東インドに対する関心を呼起し,植民地政策の改善に影響を及ぼした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マックス・ハフェラールの関連キーワードオランダ通詞オランダ屋敷アフリカーナーオランダ菖蒲オランダ芥子オランダ坂オランダ渡りオランダ下りモンポウ:前奏曲 第10番/piano soloインドネシア協会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone