マックス・プランク協会(読み)マックスプランクきょうかい

百科事典マイペディアの解説

マックス・プランク協会【マックスプランクきょうかい】

カイザー・ウィルヘルム協会が第2次大戦後西ドイツと西ベルリンにある施設を統合し再建・改称されたもの。本部はミュンヘン,総裁は6年ごとに改選され,初代はO.ハーン。自然科学から人文・社会科学に至るあらゆる学問分野を対象としており,研究員は講義や教育の義務がなく,研究テーマの選択や遂行についてもほとんど制約を受けない。
→関連項目カイザー・ウィルヘルム協会ゲーデ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マックス・プランク協会の関連情報