コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッサマリッティマ Massa Marittima

デジタル大辞泉の解説

マッサ‐マリッティマ(Massa Marittima)

イタリア中部、トスカーナ州の町。古くから鉄、銅、水銀などの鉱物資源に恵まれ、13世紀に自治都市になった。14世紀にシエナの支配下に置かれ、16世紀にトスカーナ公国に併合された。マッサマリッティマ大聖堂ポデスタ宮殿、サンタゴスティーノ教会など、中世の面影を残す歴史的建造物が多い。毎年5月と8月に、中世より続く伝統的な石弓競技が行われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

マッサマリッティマの関連キーワード大弓祭り

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android