コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッハ=ツェンダーの干渉計 マッハ=ツェンダーのかんしょうけいMach-Zehnder's interferometer

1件 の用語解説(マッハ=ツェンダーの干渉計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッハ=ツェンダーの干渉計
マッハ=ツェンダーのかんしょうけい
Mach-Zehnder's interferometer

2枚の鏡面と2枚の半透明鏡面を図のように配置した干渉計。気体の屈折率の測定に使われることが多い。 E.マッハと L.ツェンダーにより独立にほとんど同時 (1891) に考案された。ジャマンの干渉計の変形とみなすことができるが,干渉する2つの光路が離れているので,断面の大きい試料セルTを用いることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone