コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツカサトカゲ(松毬蜥蜴) マツカサトカゲ stump‐tailed skink

1件 の用語解説(マツカサトカゲ(松毬蜥蜴)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マツカサトカゲ【マツカサトカゲ(松毬蜥蜴) stump‐tailed skink】

スキンク科のトカゲで,切断したような短い尾をもつ(イラスト)。全身がきわめて堅い大きなうろこで覆われ,あたかも“松かさ”のように重なっているのでこの名がある。オーストラリア南・東部に分布し,全長25~30cm,尾はその1/5ほど。頭部はほぼ三角形で胴が太く,尾は扁平で短く頭のように見える。四肢は短く各指も短くてほぼ同大。体色には灰褐色から黒褐色まで変異がある。荒れ地や半砂漠にすみ,餌はカタツムリミミズ,昆虫のほか果実や花などの植物質。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マツカサトカゲ(松毬蜥蜴)の関連キーワード海イグアナコモド大蜥蜴角蜥蜴イールスキン桶な物打ち開けたようなスキンクスキンクリーム蜥蜴猫掻き盃のなかのトカゲ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone