コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツダ RX-8ハイドロジェンRE

日本の自動車技術240選の解説

マツダ RX-8ハイドロジェンRE

デュアルフューエルシステムの採用によって、水素とガソリンのどちらでも走行できるため、水素ステーションなどのインフラが未整備の地域でも水素燃料切れの不安なく走行できる高い利便性を発揮する。水素走行時のCO2(二酸化炭素)排出量はゼロ、NOx(窒素酸化物)もほとんど発生しない優れた環境性能を持ちながらも、内燃機関特有の自然なドライビングフィールを両立している。 また、既存のエンジン部品や生産設備などを活用できるため、低コストでの実用化が可能であり、高い信頼性も備えた環境に優しいクルマである。保管場所-
製作(製造)年2006
製作者(社)マツダ株式会社 (〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3-1)
資料の種類-
現状市販(リース販売)中
車名マツダRX-8ハイドロジェンRE
モデル名-
会社名マツダ株式会社
製作開始年2006
設計者-
協力者-
車種・用途乗用車
スタイル箱型
ドア数4ドア
乗員4名
車両重量1460Kg
構造モノコック
バンパーあり
ステップなし
全長4,435 mm
全幅1,770 mm
全高1,340 mm
ランプ形式ディスチャージヘッドランプ
タイヤサイズ゙225/55R16
特徴-
フレーム-
前軸ダブルウィッシュボーン
後軸マルチリンク
軸距2,700 mm
前トレッドx後トレッド1,500 mm×1,505 mm
車高調整なし
ステアリングラック&ピニオン
主ブレーキベンチレーテッドディスク
駐車ブレーキ機械式車輪制動形
ダンパー筒型複動式
スタビライザートーションバー式
走行安定装置ABS
特徴-
原動機名RENESIS水素ロータリエンジン(デュアルフューエルシステム)
冷却/気筒配列水冷/直2ロータ縦置
弁機構なし
気化器電子式燃料噴射
内径x行程240.0 X 180.0 X 80.0(ロータリ)mm
排気量654 X 2 cc
点火系フルトランジスタ式、バッテリ点火
最高出力/回転数水素 80kW (109PS)ガソリン 154kW (210PS)/7,200rpm
最大トルク/回転数水素 140N・m (14.3kg・m)ガソリン 222N・m (22.6kg・m) /5,000rpm
排気浄化三元触媒(モノリス)
過給機なし
可変システムなし
燃料タンク容量水素 110L / 35MPa (350気圧) 高圧水素ガスタンク/ガソリン 61L
特徴航続距離(10.15モード)水素 100km、ガソリン 549km
ハイブリッドシステム形式なし
変速機4AT
駆動方式FR
参考文献マツダ技報第24号
車両紹介水素でもガソリンでも走行できるデュアルフューエルシステム(運転席でのスイッチの切り替えにより、水素での走行/ガソリンでの走行を選択できるシステム)を採用した水素ロータリエンジン車。

出典 社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android