コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツノリ

1件 の用語解説(マツノリの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

マツノリ

からだは盤状付着器から叢生し,基部近くは細く円柱状で上部は扁平で広くなる。上部で繰り返し叉状分枝をして扇形と なり,全体で半球状のかたまりになる。体表面や縁辺から小枝を副出することもある。横断切片で外皮層に小型の細胞が5〜8層並び内皮層では大形の細胞が並 ぶ。髄層は糸状細胞からなる。手触りは軟骨質で弾力がある。生体は暗緑色〜黄色がかった赤紫色。押し葉標本は台紙につかない。似ているものとしてコメノリがあるがマツノリの基部付近が細く円柱状になることや,より緑がかった感じになる事やコメノリの方がよりプリプリとして肉質の手触りとなることで区別がつく。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マツノリの関連キーワードアカモクイギス神経叢ウエットスーツカスカラサグラダ牛頭色丹繁縷姿態叢生ヒジキ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone