コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マテバシイ(馬刀葉椎) マテバシイPasania edulis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マテバシイ(馬刀葉椎)
マテバシイ
Pasania edulis

ブナ科の常緑高木。マテバガシ,マタジイ,サツマジイともいう。関東以南,四国,九州に分布する。暖地の海岸近くに自生し,庭木としても植えられる。幹の高さは 10mぐらいで,樹皮は暗褐色。葉は互生し倒卵状楕円形,厚い革質で全縁,光沢があり下面は褐色を帯びる。6月頃,長い穂状花序を上向きに葉腋から出し,雌雄同株で小花は黄褐色である。雌花は線形の雄花穂の下につくか,あるいは雌花だけの穂につく。堅果は翌年の秋に熟し,褐色,長楕円形で下に皿状の殻斗 (かくと) がある。果実は食用に,材は建築,器具用に利用する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マテバシイ(馬刀葉椎)の関連キーワードブナ科