コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マトゥラーナ Humberto Maturana

大辞林 第三版の解説

マトゥラーナ【Humberto Maturana】

1928~ ) チリ生まれの生物学者。生物の組織化と神経システムの機能の研究に取り組み、オートポイエーシス理論を創始したことで知られる。著「オートポイエーシス」「知恵の樹」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

マトゥラーナの関連キーワードオートポイエーシス自己組織化ルーマンバレラ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android