コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マドラサ(イスラム神学校)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マドラサ(イスラム神学校)

多くはモスクに併設され、聖典コーランの暗唱などイスラム教に関する事柄を中心に学ぶ。裕福でない家庭の子どもや孤児も多い。アフガニスタンの旧政権タリバーンはパキスタンのマドラサで学んだアフガン難民が中核を担ったとされる。米国などへのジハード(聖戦)といった極端なイスラム教解釈を教え、テロの温床と批判されるマドラサもある。

(2008-09-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

マドラサ(イスラム神学校)の関連キーワードホジャ・サーデッティン・エフェンディスルタン・ハサン・モスクとマドラサタシュキョプリザーデ・アフメトサマルカンドスレイマン1世のモスクカワーム・アッディーンヌール・アッディーンムスタンシリーヤ学院イズマル ガスプラルイブン・ハッリカーンセルジューク朝美術アーキフ メフメトスレイマン・モスクメフメト・アーキフラール・マスジードマムルーク朝美術グール・エミールアッタリン神学校アズハル・モスクニザーミーヤ学院

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android