コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニフェスト大賞

1件 の用語解説(マニフェスト大賞の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マニフェスト大賞

早稲田大学マニフェスト研究所所長の北川正恭・前三重県知事らの提唱で2006年に始まった。地方自治体の首長や議員、地域主権を支える市民の活動実績を募集して表彰する。政策重視の地方政治を進める人や団体に名誉を与え、さらなる政策提言を促す狙いだ。県内では、首長部門のグランプリに第2回で松沢成文知事、第4回で海老根靖典・藤沢市長が選ばれた。ベストホームページ賞や最優秀政策提言賞でも県議や市議が受賞している。市民部門では、第5回で川崎市の県立麻生高校が、10年の参院選の際にマニフェストを政党に提案して模擬投票につなげた実績を評価されて受賞している。

(2011-02-25 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マニフェスト大賞の関連キーワードマニフェスト早稲田早稲田大学ローカルマニフェストマニフェストデスティニー早稲田軍教事件ローカル・マニフェスト開票時間の短縮運動全国知事会のマニフェスト採点

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マニフェスト大賞の関連情報