コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニプル[州] Manipur

1件 の用語解説(マニプル[州]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マニプル[州]【Manipur】

インド北東端の州。面積2万2300km2,人口184万(1991)。州都はインパール。ほぼ南北に走る標高1500~2000mの数条の山地群からなり,中央にインパール盆地が介在する。住民はシナ・チベット語族チベット・ビルマ語派に属する言語を話し,モンゴロイドである。北のナガ丘陵には階段耕作を営む定着的なナガ族が,また南のチン丘陵などには移動的な焼畑耕作民のクーキ族が住む。人口の約3分の2が中央の盆地に集中し,主要民族メイテイ族が住む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マニプル[州]の関連キーワード富士の国やまなし館流行黄河文明東ティモール独立政治資金政党助成水俣病世界人口65億人突破米中貿易摩擦国際原子力機関

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone