コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニラフレームワーク まにらふれーむわーく

1件 の用語解説(マニラフレームワークの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マニラフレームワーク

アジアの通貨危機を救済するための「アジア通貨基金構想」がアメリカIMFの反対を受けて破たんしたことから、1997年、通貨基金とは違うやり方でアジアに資金援助を行なうことをASEAN諸国など14カ国の間で同意したこと。おもに次の4つで構成されている。(1)各国のマクロ経済政策、為替政策。金融制度等について緊密な意見交換を行なうこと(2)各国の金融システム、規制の対応能力を強化するため経済的・技術的協力の拡大を国際金融機関に求めていくこと(3)金融危機に対応するIMFの能力を強化していくこと(4)タイ支援のような二国間支援を束ねた協調支援体制を恒久化すること、である。以降、「マニラフレームワーク」に基づく会合はほぼ半年に1回のペースで開拓されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone