コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニ教・摩尼教 マニきょう

大辞林 第三版の解説

マニきょう【マニ教・摩尼教】

ゾロアスター教にキリスト教グノーシス派・仏教などの諸要素を加えた宗教。三世紀にマニが創唱。明(善)と暗(悪)の二元的世界観に立ち、特に、悪からの救済を重視。中央アジア・ローマ帝国などで布教され、四世紀に最盛期を迎えた。さらにチベット・インド・中国などにも伝えられ、中国では摩尼祆教まにけんきようと称された。 〔「摩尼教」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マニ教・摩尼教の関連キーワードゾロアスター教

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android