コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニ教・摩尼教 マニきょう

大辞林 第三版の解説

マニきょう【マニ教・摩尼教】

ゾロアスター教にキリスト教グノーシス派・仏教などの諸要素を加えた宗教。三世紀にマニが創唱。明(善)と暗(悪)の二元的世界観に立ち、特に、悪からの救済を重視。中央アジア・ローマ帝国などで布教され、四世紀に最盛期を迎えた。さらにチベット・インド・中国などにも伝えられ、中国では摩尼祆教まにけんきようと称された。 〔「摩尼教」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マニ教・摩尼教の関連キーワードゾロアスター教

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android