マニ教・摩尼教(読み)マニきょう

大辞林 第三版の解説

マニきょう【マニ教・摩尼教】

ゾロアスター教にキリスト教グノーシス派・仏教などの諸要素を加えた宗教。三世紀にマニが創唱。明(善)と暗(悪)の二元的世界観に立ち、特に、悪からの救済を重視。中央アジア・ローマ帝国などで布教され、四世紀に最盛期を迎えた。さらにチベット・インド・中国などにも伝えられ、中国では摩尼祆教まにけんきようと称された。 〔「摩尼教」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android