コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヌア諸島 マヌアしょとうManua Islands

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マヌア諸島
まぬあしょとう
Manua Islands

南太平洋、ポリネシア西部、アメリカ領サモアに所属する島々。アメリカ領サモアの主島ツツイラ島の東約90キロメートルにある。人口1378(2000)。タウTau島(44平方キロメートル)、オロセガOlosega島(5平方キロメートル)、オフOfu島(4平方キロメートル)からなる。諸島の主島、タウ島の最高点の標高は1000メートル、西岸に中心集落ルマLumaがある。タロイモ、ヤムイモ、カカオを産する。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android