コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヌチウス Manutius, Aldus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヌチウス
Manutius, Aldus

[生]1449. バッシアノ
[没]1515.2.6. ベネチア
イタリアの古典学者,出版者,印刷業者。マンヌッチ (マヌツィオ) 家出身。ローマとフェララで学んだのち,1490年ベネチアに移り,ギリシア人の学者,植字工を集め,アルドゥス出版を興した。 1495年3月 C.ラスカリスの『エロテマタ』 (質問集) を刊行し,1501年にはウェルギリウスの出版で初めてイタリック体活字を使用。その後多数のギリシア・ラテン古典を出版,特にアルドゥス版と呼ばれた廉価なポケット判を出した。古典テキスト出版のためにマヌチウスが設立した学者グループ「アルドゥス・アカデミア」の名が 1502年のソフォクレスのテキストに初めてみえている。死後アルドゥス出版は義兄弟の手を経てマヌチウスの子,孫へと受継がれ,1595年から 100年間に 1000種の版を刊行したとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マヌチウスの関連キーワード宝徳ウルグベグ英宗ウルグベク英宗文安張輔土木の変マヌティウスコウジ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android