コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マネジリアル・エコノミクス managerial economics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マネジリアル・エコノミクス
managerial economics

近代経済学で展開される概念や分析手法を経営の問題に適用し,企業行動を解明しようとする学問分野。企業には最適化を決定の基準としたり (→最適化基準 ) ,最大利潤を追求するという側面があり,ここには近代経済学,特にミクロ経済学の理論や分析手法が適用できる。しかし企業の規模が巨大化し,行動が複雑化するにつれ経済理論だけでは経営,管理の問題は理解できなくなり,従来の経済理論と管理論を結びつけ,企業の行動を経済的手法を用いてより明確に解明することを意図したもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マネジリアル・エコノミクスの関連キーワードJ. ディーン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android