コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハーダージー・シンディア Mahādājī Sindhia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハーダージー・シンディア
Mahādājī Sindhia

[生]1727?
[没]1794
インドの最も有名なマラータ諸侯の一人。グワリオルを根拠地としたシンディア家の当主として 18世紀後半活躍した。特に 1784年,マラータ勢力の北方への進出とムガル帝国の衰退の結果,ムガル皇帝によってデリーに招かれ,その宰相となって北インドに支配権をふるったことは有名である。彼とナーナー・ファドナビースの死後,マラータ諸勢力の結束はゆるみ,ついにイギリスに敗れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マハーダージー・シンディアの関連キーワードシャー・アーラム2世グワリオル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android