コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マフムト[2世] Mahmut II

1件 の用語解説(マフムト[2世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マフムト[2世]【Mahmut II】

1784‐1839
オスマン帝国末期の啓蒙的専制君主,第30代スルタン。在位1808‐39年。中央行政機構の機能的分権化による大宰相の権力削減,イエニチェリ軍団の全廃(1826)と西欧式軍隊の編制,地方名士(アーヤーン)層の討伐,世俗的教育・郵便・検疫制度の導入など一連の改革によって,18世紀以来失われていたスルタンの中央集権支配力を回復し,西欧化によるオスマン帝国改革運動の基礎を固めた。しかし,政治的には多難で,民族的独立を要求するバルカン諸民族の相次ぐ蜂起(1829年,ギリシア独立,セルビア自治権獲得)と,これに対するロシアの干渉とに苦しんだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マフムト[2世]の関連キーワードオットマン帝国パシャオスマン帝国ギリシャ独立戦争イスラム帝国オスマンオスマン語オスマントルコオスマンダオスマン朝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone