コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マフムト[2世] Mahmut II

世界大百科事典 第2版の解説

マフムト[2世]【Mahmut II】

1784‐1839
オスマン帝国末期の啓蒙的専制君主,第30代スルタン。在位1808‐39年。中央行政機構の機能的分権化による大宰相の権力削減,イエニチェリ軍団の全廃(1826)と西欧式軍隊の編制,地方名士(アーヤーン)層の討伐,世俗的教育・郵便・検疫制度の導入など一連の改革によって,18世紀以来失われていたスルタンの中央集権支配力を回復し,西欧化によるオスマン帝国改革運動の基礎を固めた。しかし,政治的には多難で,民族的独立を要求するバルカン諸民族の相次ぐ蜂起(1829年,ギリシア独立,セルビア自治権獲得)と,これに対するロシアの干渉とに苦しんだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マフムト[2世]の関連キーワードタンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)ティチング唐来参和メリーランド州会議事堂フランクリン邦アトウッド

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android