マフムード アフマディネジャド(英語表記)Mahmoud Ahmadinejad

現代外国人名録2012の解説

マフムード アフマディネジャド
Mahmoud Ahmadinejad


国籍
イラン

専門
政治家

肩書
イラン大統領;イラン科学産業大学教授 テヘラン市長

生年月日
1956/10/28

出生地
セムナン州ギャルムサル

学歴
イラン科学産業大学(テヘラン)卒

学位
博士号(交通運輸工学,イラン科学産業大学)

経歴
鍛冶職人の家で7人兄妹の4番目に生まれる。イスラム革命体制守護のために創設された革命防衛隊士の出身で、イラン・イラク戦争で数十万の犠牲を出した民兵集団バシジ(動員)の指導者も務めた。科学産業大学教授を経て、1993年アルデビル州知事に就任。保守強硬派に属するため、改革派のハタミ大統領が誕生した’97年、知事を辞職。科学産業大学に戻って教鞭を執り、同大学長に就任。2003年2月首都テヘラン市長に就任。在任中は、古い車を自ら運転し、清貧を売りにする。2005年6月ハタミ大統領の任期満了に伴う大統領選に出馬し、貧富の差解消など社会的不公正の是正を訴えて低所得者層を中心に広範な支持を集め、穏健保守派のラフサンジャニ元大統領を決選投票で破り、初当選。革命イランで、イスラム法学者ではない世俗の政治家が大統領に選ばれたのは、1981年のラジャイ氏以来となった。8月就任。2009年6月再選、8月2期目就任。イスラム革命原理への回帰を訴え、最高指導者ハメネイ師や宗教右派との関係が深いとされる。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android