コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マボヤ(真海鞘) マボヤ Halocynthia roretzi

1件 の用語解説(マボヤ(真海鞘)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マボヤ【マボヤ(真海鞘) Halocynthia roretzi】

尾索綱ホヤ目マボヤ科の原索動物イラスト)。北海道南部より九州北部,韓国に分布するが,とくに東北地方に多く,岩の上に根状突起で付着する。大きなものでは体長20cm,体幅10cmほどになる。北方の個体は多くの太い円錐状の突起でおおわれ,突起の先端には微細なとげ状の突起があるが,南方の個体では体表が多角形の小区域に分かれ,各区域の中央から指状突起がでている。体の前端にある水管の先端に入水孔と出水孔が開いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マボヤ(真海鞘)の関連キーワードアカボヤ原索動物サルパ尾索類亜門半索動物真海鞘光海鞘海鞘魚介類

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone