コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マボヤ(真海鞘) マボヤHalocynthia roretzi

世界大百科事典 第2版の解説

マボヤ【マボヤ(真海鞘) Halocynthia roretzi】

尾索綱ホヤ目マボヤ科の原索動物(イラスト)。北海道南部より九州北部,韓国に分布するが,とくに東北地方に多く,岩の上に根状突起で付着する。大きなものでは体長20cm,体幅10cmほどになる。北方の個体は多くの太い円錐状の突起でおおわれ,突起の先端には微細なとげ状の突起があるが,南方の個体では体表多角形の小区域に分かれ,各区域の中央から指状突起がでている。体の前端にある水管の先端に入水孔と出水孔が開いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android