コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメヅタラン Bulbophyllum drymoglossum Maxim.ex Okubo

世界大百科事典 第2版の解説

マメヅタラン【Bulbophyllum drymoglossum Maxim.ex Okubo】

岩壁や樹皮に着生する小型のラン科植物(イラスト)。葉は常緑で,シダのマメヅタに似る。根茎は細長くはい,偽球茎はない。常緑の葉は楕円形,長さ1cm前後。5~6月,葉腋(ようえき)より長さ10mm弱の細い花茎を出し,1花をつける。花は淡黄色で径約4mm,下向きに開く。唇弁には紅紫斑がある。花粉塊は4個。関東以西の本州の表日本側,四国,九州,台湾,中国に分布する。 マメヅタラン属Bulbophyllumは芽の中で二つ折り状になる葉,偽球茎の腋より出る花茎,可動性の唇弁,柄のない4個の花粉塊をもつことなどで特徴づけられ,熱帯から亜熱帯にかけて約1000種が報告されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android