コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マユハキタケ(眉掃茸) マユハキタケTrichocoma paradoxa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マユハキタケ(眉掃茸)
マユハキタケ
Trichocoma paradoxa

子嚢菌類不整子嚢菌類コウジカビ目マユハキタケ科の小型のキノコ。シイまたはタブノキの朽ち木の上に群生する。子実体は初め球状で樹皮などの中に埋もれているが,熟するにつれ外に現れ,底の広い椀状になる。直径6~10mm,コルク化し,表面は黒褐色で凹凸がある。内部の組織は黄色であるが,完熟すると綿毛状の菌糸が平行して立上がり,最後に胞子を生じた縦走組織が柱状体となって,眉掃きを逆立てたようになる。柱状体は高さ1~2cm,ときには 4cmに及ぶものがある。胞子は褐色。柱状体の下部の菌糸層中に子嚢を生じる。子嚢は卵形ないし広卵形で褐色,表面に網状の突起があり,中に8子嚢胞子を生じる。日本の暖地およびジャワ,ボルネオニュージーランド,インド,スリランカに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android