コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラウィ[湖] Lake Malawi

1件 の用語解説(マラウィ[湖]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マラウィ[湖]【Lake Malawi】

アフリカ南東部の大湖で,長い間ニヤサNyasa湖と呼ばれてきたが,1964年のマラウィ共和国の誕生とともに古い名が復活した。アフリカ大地溝帯に含まれる陥没湖で,南北570km,幅60km前後,面積は3万km2(世界10位),湖面標高は472m,最大深度は706m(世界4位)におよぶ。南端のシーレ川(ザンベジ川水系)によって排水される。水温は深部で21℃,表部は23~27℃である。マラウィ,モザンビークタンザニアの3国に囲まれるが,湖面の80%はマラウィ領,残り20%がモザンビーク領である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マラウィ[湖]の関連キーワードタンガニーカマラウイモザンビークモザンビーク海峡アフリカ菫アフリカ象アフリカ舞舞ホワイトアフリカ南アフリカ汎アフリカ主義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone