コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラケシュ協定

1件 の用語解説(マラケシュ協定の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

マラケシュ協定

1994年の世界貿易機関(WTO)を設立する協定。WTO協定マラケシュ協定と呼ぶこともある。ガットにおいてウルグァイ・ラウンドが1986年に開始、8年にも及ぶ交渉の末、1994年4月、モロッコマラケシュで最終文書として署名され、終結。1995年1月1日WTOが発足。交渉の結果約束された、各国の鉱工業品・農林水産品の関税率等を記載したものがマラケシュ議定書。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラケシュ協定の関連キーワードTNCWCOWTO協定TRIPS新ラウンド世界貿易機関(WTO:World Trade Organization)ガット(GATT)WTO(世界貿易機関)世界貿易機関(WTO)政府調達協定世界貿易機関(WTO)交渉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone