コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラソン五輪代表の選考方法

1件 の用語解説(マラソン五輪代表の選考方法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マラソン五輪代表の選考方法

日本陸連が定めたロンドン五輪の代表選考会は、今夏の世界選手権(韓国・大邱)と、横浜国際、大阪国際(来年1月29日)、名古屋ウィメンズ(同3月11日)の4レース。世界選手権にはメダル獲得者で日本人最上位という自動内定基準があったが、赤羽有紀子(ホクレン)の5位が最高で、クリアした選手はいなかった。国内レースには自動的に内定する基準はないため、3人の代表は最終選考会となる名古屋ウィメンズ終了後に、4レースの上位者から選考される。

(2011-11-19 朝日新聞 朝刊 東スポーツ特集1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラソン五輪代表の選考方法の関連キーワード織田幹雄西田修平ロンドン会議ロンドン大学ロンドンアイロンドンタイムズロンドン橋五輪候補都市の国内選考竹腰重丸伊藤華英

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone