コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラボリア家の人々 マラボリアけのひとびとI Malavoglia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラボリア家の人々
マラボリアけのひとびと
I Malavoglia

イタリアの小説家ジョバンニ・ベルガの小説。 1881年刊。貧しいながらも平和に暮していた漁師の一家が豊かな生活への欲望にとりつかれ崩壊にいたるが,残された少年と少女に再起を予想させつつ物語の円環が閉じられ,冒頭の部分へと回帰してゆく。荒々しいシチリアの風土を背景に粗野な会話をちりばめ,独自の言語と文体で綴り合せたこの作品は,ベリズモ (真実主義) 文学の最高峰とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マラボリア家の人々の関連キーワードフォガッツァーロイタリア文学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android